読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
【スポンサーリンク】

アウトプット

「インプット」と「アウトプット」

「入力」と「出力」ですね。

 

プログラミングをしているときも、入力と出力を考えながらコーディングしていきます。

 

プログラミング問題では条件を満たす入力から、こういった出力方法を考えなさいっていうのが一般的(な気がする)。

 

 

 

人間も同じ

人間も「インプット」と「アウトプット」で殆どが構成されている。

 

まず大きなものは「食べ物」です。

 

咀嚼してインプットし、便としてアウトプットする。

 

インプットするものの質によって、アウトプットも変わってくる。

 

そのアウトプットの方法は、体調によっても表現される。

 

 

また、自己形成にも関わる。

 

親、兄弟、親戚、友達、先生など……

 

自分の身の回りの人の考え方や意見に触れることでインプットが生じ、自己形成に関わる。

 

そして、「自己」というアウトプットに繋がる。

 

こういった一連の流れとしてつながっていると考えています。

 

 

 

勉強も同じ

ノートを準備して、先生の授業を写してインプットする。

 

また、参考書などを利用してインプットしたりもするでしょうね。

 

それをテストなどでアウトプットする。

 

または、自分の知識を周りの人に共有する。

 

色んな方法があると思います。

 

私は勉強する上で、インプットよりもアウトプットが大事だと思って居ます。

 

色んな情報や知識に触れることでインプットの量も格段に多くなり、

 

それなりに身につくことだとは思います。

 

ですが、アウトプットがなければ自分が本当にその知識・技術について

 

詳しく知っているのか、自分自身が判断することが出来ません。

 

したがって、私は勉強をする上でのアウトプットは自分の知識・技術を復習しつつ、

 

自分の理解度を知るための方法だとも思っています。

 

 

 

今日も勉強頑張ります。

 

 

ちなみに、基本情報技術者試験、自己採点したら合格してました。

【スポンサーリンク】