読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
【スポンサーリンク】

石村萬盛堂 「プチショコラボア」を食べてみた!

はいどうも、おはこんばんちわ。

 

お菓子やめます宣言から数日経ったのにこうしてお菓子レポート記事を書き続けている、僕です。

 

ちなみに、賞味期限とかを見たらわかるとは思うんですが、過去に食べたものを撮りためたものなので今現在はお菓子減らしてますよ。

 

さて!今回はこれまたちょっとお高めのお菓子を買ってきました。

 

買うのに10分位店内を回りながら悩んだものです。

 

300円位だったかなぁ。

 

 

 

 

パッケージ

プチショコラボア パッケージ

袋に赤い帯が巻いてあるようなデザインになっています。

 

「Lat Choco De Boite Petite La」とはなんぞや。

 

フランス語とかイタリア語かな? ヨーロッパ圏の言葉っぽそう。

 

 

 

開けてみる

プチショコラボア 開封

開けた瞬間チョコレートの甘いかおりが漂ってきました。

 

こういったプラスチック容器に入っている時点で高級感漂いますねぇ、、、

プチショコラボア 開封2

 

よく見ると上の方にスライスチョコが振りかけられていますね。

プチショコラボア 開封3

容器の蓋についているチョコレートたちも気になりますが、ここは舐めて取らないようにしておきましょう……

 

 

 

中身・断面

プチショコラボア 断面

断面はこんな感じ。

 

なんか甘酸っぱいぞ!?

 

プチショコラボア 断面2

なんだろう、、、チョコレートクリームが薄く挟んである。

 

他になにか果実のペーストとかが挟んであるのかなぁ。

 

 

 

原材料

プチショコラボア 原材料

なんだとぅ!!?

 

卵が一番多く使われているだとぅ!!!

 

そして一番の驚きは、あんずジャムが使われている!!

 

ということはさっきの甘酸っぱさはあんずジャムか……。

 

卵、チョコレート、牛乳、小麦粉、はちみつ……

 

いいですね、表記の仕方がなんだか「正真正銘の美味しいもんやで」って投げかけているかのようです。

 

余計な添加物が少ない、と思いました。

 

 

 

感想

こういったチョコレートケーキ系はだいたい味の予想がつきますよね。

 

ただ、今回の商品は良い意味で裏切ってきましたね。

 

スポンジケーキ部分もしっとりとしていて軽い印象でした。

 

さらにあんずジャムがスポンジケーキの間に挟んであり、良いアクセントになってとても美味しい。

 

オレンジとチョコレートの相性もいいですからね。

 

果物と合わせるやりかた、正解です。

 

ただ質は良いのでそれだけ価格も高いのでリピートに悩みます……

【スポンサーリンク】