読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
【スポンサーリンク】

【C言語解説】 『 scanf 』 と 『 gets 』 の違いとは?

学校のC言語の実習で標準入力は『 scanf 』なんですが、以前プログラミング練習問題の解説を見たときは『 gets 』と記述されていました。

結局どちらも同じ入力処理を行っています。


じゃあどっちがええんや???



2つあるということは、何か違いもあるはず!

…てなわけで調べてみました。

『 gets 』は危険な関数?

例えば

char str[10];

と宣言すると、

|0|1|2|3|4|5|6|7|8|9|
| | | | | | | | | |\0|

イメージとしてはこんな感じで文字列配列が宣言されます。
配列の最後([9])には文字列の終わりを意味する『 \0 』が入るので実質9文字まで入力することが出来ます。



し・か・し

char str[10];
gets(str);

のように『 gets 』で入力処理をすると、その制限を超えて入力することが出来てしまい、えらいことが起きてしまいます。なので危険なのです。


その代わりに

fgets(str, 10, stdin);
fgets(str, sizeof str, stdin);

という風にサイズ指定した入力処理を使います。
※サイズ指定のミスを防ぐために後者の方が尚良。

それで、何が違うの?

すみません、『 fgets 』が登場したので、
『 fgets 』『 gets 』『 scanf 』の違いを比較しますね

『 fgets 』

『 fget 』は、Enterキーを押すまでの内容(サイズ範囲内)がそのまま入力されます。
改行コード(\n)自体も入力されます。

『 gets 』

『 gets 』は、Enterキーを押すまでの内容が全て入力されますが、末尾の改行コード(\n)だけは削除されます。

『 scanf 』

『 scanf 』は、Enterキー、スペースが押されるとそれ以降は入力されません(同一視されるため)。つまり、

char str[20];
scanf("%s", str);
/*
ここで「This is a pen.」と入力しても
「This」しか入力されないということ。
*/

なので、文章全体を入力したい場合には。。。。

char str1[10], str2[10], str3[10], str4[10];
scanf("%s %s %s %s", str1, str2, str3, str4);
/*
ここで「This is a pen.」と入力すると
str1に「This」,
str2に「is」,
str3に「a」,
str4に「pen.」が入力される。
*/

ちなみに『 scanf 』は文字列の末尾に改行コードは入力されません

こんな使い分けがあったんですね!!勉強になりました。

【スポンサーリンク】